和クルミの一番簡単な割り方をやってみた!超絶品レシピも紹介

こんにちは。ギボンヌです。

クルミといえば輸入のものを買ったことしかない私。

クルミを好んで食べる割には、クルミがどんな実だとかも、どんな風に食べられるようになるのかも、全然知らなかったんです。

そんな私が偶然、公園で鬼クルミ(和クルミ)の木を見つけて、自分で割るところまでやってみました!

クルミの木と出会った

クルミといってもどんな木なのかを知らないと拾うことができません。

私は、縄文時代に興味をもっていたので、身近にある公園に食べられるというどんぐり、「マテバシイ」を友人と共に探索に行きました。

その公園では「マテバシイ」を見つけられなかったのですが、その時に謎の実がなる木をみつけました。

その木には梅のような大きさの緑の実がたわわに実っていました。

これは何なのか?

梅のような大きさの緑色の実です。

木の下を見回すと、その実がたくさん落ちているのが見えました。

一部の実は、茶色くなって中に種のようなものが見えています。

その茶色くなった実を割って種をみてみたときにその種の形から、
「もしかしてクルミ?」
と思って、その場で検索しました。

今の時代は便利ですね。
ネット上には沢山の先生がいてくれます。

検索によってそれがクルミだとわかって、友人と共に拾い始めました。

実をどうする?

クルミの実を剥く

友人は剥けたクルミの種の部分だけを拾い、私は実がまだ青いものも含めて拾いました。

数えましたら、210個ほどありました。

検索して、ネット先生に聞いてみますと、「一旦放置して、腐らせる」のがいいようでした。

家に帰って軒下に新聞を引いてクルミを、広げておいておきました。

1週間ほどしたら全部が腐って茶色くなりました。

それを一つ一つ手で剥いてゆきました。

これは実が真っ黒なので、ゴム手袋をして行いました。

クルミを洗う

それから、綺麗に洗います。

バケツの中でザッと洗ってみると
水が真っ黒になります。

何度やっても真っ黒…。

歯ブラシを使ってひとつひとつ洗いました。
意外とこの作業が大変なんですね。

洗っても洗っても、黒い汚れがでてきます。

丁寧に洗っても、黒いのが残っていますが、これくらいはヨシとしました。

干す

洗えたら、広げて干します。

ネット先生によると、3カ月ほすのだそうです。

私はセーターを干す丸いネットに広げて干しました。

うちは、ベランダの屋根が、昨年の夏の度重なる台風で飛んでしまって、まだ修理できていないので、軒下でも雨が降ると濡れてしまいます。

なので、いつでも家の中に入れられるようにしました。

クルミを割る準備

ネット先生によると、クルミを割るのには金槌で叩くとか、マイナスドライバーでこじ開けるとか、いろんな方法がありました。

しかし、とにかく硬いんだそうです。

舐めたらダメらしい。

私は鬼クルミを割る専用の器具があることを知り、それを買うことにしました。

クルミ割り器を色々と検索したのですが、結局きめたのは、古沢製作所の「和くるみ割り器 ほじくるみん付」でした。

貼ってるリンクは2,200円ですね。
私はAmazonで送料無料で2,000円で購入しました。

来年もくるみを拾いに行きたいので楽にクルミ割りをできるのに越したことはないかなと。

割る前のクルミの下準備

これは、北陸にお住いのお料理の先生から教えて頂きました。

まず、二晩水に浸けます。

ほんとは二晩浸けたたほうがいいそうですが、私は一晩だけ。

そして、オーブンに並べて250度で10〜20分ほどローストします。
私は15分ほど焼きます。

わくわく♪

いよいよクルミ割り

粗熱が取れたらいよいよ割り出しです。

クルミの殻が薄っすらと開いているところがあります。

そこを和クルミ割り器の刃のほうに45度になるようにセットします。

そして、ソッとクルミ割り器を握ると簡単に割れます。チカラはあまりいりません。
そして、このクルミ割り器はハサミやペンチのように完全に刃が閉じてしまわないので指を挟んでしまう心配もないので安心です。

それから、ほじくるみんでほじくり出します。

私は「ほじくるなんていやだー!丸っと取り出したい!」と思っていたのですが。

実際に割り出してみると、洋クルミはまるっと出来そうなのですが、鬼クルミは形状上難しく、ほじくらざるを得ないということに気づきました。

途中からは開き直ってほじくり出しました。

ほじくるみんの形状が鬼クルミをほじくるのにとてもフィットします。
これはセットで買って間違いなかった!と思いました。

こんな感じです。
密封して冷蔵庫に保存します。
私は一回分づつに分けて保存しました。

クルミの超絶品レシピ

一回分が約100グラムくらいあります。

和クルミの料理で超絶品なのは、やっぱり「くるみ餅」ですよね♪

そしてもう一つはくるみ味噌♪
簡単絶品なのでお試しください〜!

くるみ餅レシピ

和クルミ 100くらい
黒砂糖 大さじ3(好みで)
塩  小さじ一つまみ
醤油 小さじ1

お湯 適量
餅 食べたい量

①すりこぎで和クルミを潰す。粒が少し残るくらいでいいけれど、少しまとまりが出るような感じまで。

②そこに黒砂糖と塩を入れて混ぜる。

③お湯でとく。好みのとろみにする。

④醤油をいれて混ぜる

⑤焼いたお餅にかけて出来上がり!

※醤油をいれると甘さだけでなく締まりますよ。甘じょっぱくてクセになります。

くるみ味噌

和クルミ 100グラム
味噌 大さじ3 (好みで)
黒砂糖 大さじ3
みりん 大さじ5
醤油 小さじ1

①和クルミをフライパンで炒って、一度皿に出す。

②それ以外の調味料をフライパンにいれ、木ベラでよく混ぜながら中火で加熱する。

③照りがでてきたらクルミを入れて混ぜ合わせる。出来上がり!

※これがあると、ご飯が進みます!
おにぎりにのせても、お餅にのせてもオッケー!インゲンに和えても美味しいですよ♪

クルミを割ってみて

200個ほどあるものも割り出してみるとほんの少しです。

クルミの貴重さに気付かされます。
洗って干すまでに2時間くらいかかって、全てを割り出すのにも3時間くらいかかりました。

普段、洋クルミを買うときは「少ないのにお値段は高いよなぁ」と思っていたのですが。

実際自分で食べられるまで準備をして、この手間を考えるとクルミって貴重ですね!

この貴重なクルミを今まで以上に大切に頂こうと思いました。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。