エンタメ

関俊彦の経歴にみる人気の理由は?代表作と脇役まで活動を調査!

こんにちは。ギボンヌです。

関俊彦さんが2019年3月15日に公開される『キャプテン・マーベル』の日本語吹き替え版キャストとして発表されましたね。

関俊彦さんの吹き替えの役どころはスクラル人というクリー帝国と敵対する種族で自在に姿を変える能力を持つ宿敵・タロス役だそうです。

関俊彦さんって本当にかっこよくて大人気なんですが、どうしてこんなにひっぱりだこなんでしょう?

これまでの経歴を調べてみました。

関俊彦さんのプロフィール

関俊彦

声優、舞台俳優、歌手、ナレーター、演出家

出身 宮城県仙台市
(栃木県真岡市育ち)

生年月日 1962年6月11日

血液型 A型

身長 170 cm

特技 剣道二段

事務所

(声優) 81プロデュース
(
俳優)劇団ドラマティック・カンパニー
声優としてのジャンル ジャンル アニメ、ゲーム、吹き替え、ナレーション

デビュー作 兵士役『太陽の子エステバン』

配偶者 妻と娘(2人)

声優としての活動 1983年 から

関俊彦さんの代表作は

アニメ主演は「天空戦記シュラト」シュラト役、「F(エフ)」赤木軍馬役があります。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 赤の決意 哀しみのアルテイシア』のシャア・アズナブル役、「新機動戦記ガンダムW」デュオ・マックスウェル役、「らんま1/2熱闘編」ムース役、「聖闘士星矢黄金魂」蠍座ミロ役、「忍たま乱太郎」の土井半助役、「昭和元禄落語心中-助六再び篇」の樋口栄助役、「NARUTO」のイルカ先生役、「スマイルプリキュア」の星空博司役、「幻想魔伝 最遊記」の幻裝三蔵役、「仮面ライダー電王」のモモタロスなど、人気アニメのなかでも人気が高い主要キャストも務めています。

洋画吹き替えでは「シザーハンズ」のエドワード役などの主要キャストも数多く務めました。

声優としての経歴はあまりにも数多くの作品に出演されているため、書ききれないほどにあります。

1989年〜1996年(8年間)には、NHK音楽教育番組「ふえはうたう」のおにいさんも務めていました。

女性向け恋愛ゲームアプリでの声優も務められていました。

「ノラネコと恋の錬金術」など。

関俊彦さんの魅力

「声優のなかでもとても歌が上手い」と定評があります。

演技の幅が広く、メインから脇役、人間以外に至るまでどんな役どころもこなしてしまえる引き出しの多さと対応力をお持ちです。

関俊彦さんは小劇団出身

関俊彦さんは声優を目指していたのではなく、結果的に「声優になった」ようです。

関俊彦さんは高校までは剣道に打ち込まれ、二段の腕前ですが、大学では違うことをやろうと女優の川路夏子さんが開いていた芝居教室に通い始めたのだそうです。

子供の頃か劇団四季が大好きで、子供の頃から栃木から東京に演劇を観にいっていたそうなので、演劇には元々関心があったのでしょうね。

まだ関俊彦さんが売れていない時代に所属していた81プロデュースは小規模ながらにいろんなことに挑戦している劇団だったようです。

声優になろうとしたわけではなく、役者として小劇場に立っていたんですね。

そこから少しずつ声の仕事を受けるようになってきたそうです。

初仕事はNHKの『太陽の子エステバン』の兵士役で、ヤリに刺されて「ギャアァァー」と倒れるひと言を十数回やって、ディレクターさんから「君、鳥の鳴き声にしか聞こえないよ」と言われていたのだそうです。

「天空の城ラピュタ」では女海賊ドーラの息子シャルルと親方の喧嘩のまわりのガヤとして声優をされていました。

主役やメインなどにどんどん抜擢される現在の関俊彦さんからは想像ができませんが、目の前に与えられた仕事に全力で取り組んでその作品を良いものにしようと取り組んでこられたことを感じさせられます。

それは売れる前も、現在もそんなスタンスでおられるのでしょう。

関俊彦さんは仕事はなんでもこなす

関俊彦さんのことを調べてみると、声優の仕事に絞ってもそうですが、全てにおいて幅が広いです。

かつてはAVのお仕事もされていたといいますし。

かと思えば、NHKの教育番組で笛を吹いたり歌ったり踊ったりしておられました。

今では声優学校での指導もされているのですね。

本当にいろんな場面を経験して深みを増しておらるのだと感じました。

どんな役どころも演じられ、どんな場面でも上手く、作品へ力を発揮してゆけることの理由はこれまでの活動の幅と濃さにあるのでしょう。

関俊彦さんは人一倍研究熱心

宮城出身、栃木育ちなのに、関西弁のイケメンの役どころも多いですよね。

関西弁は関西以外の人には難しいと思うので、研究熱心さが伺えます。

声真似の研究もされていて、すごく似ています。

誰かの代役が務められるほどに声真似が上手いと、その声を必要とする人は多いでしょうね。

関俊彦さんの性格

動物占いでは「ポリシーを曲げない子鹿」なのだそうですが。

たしかにとても笑顔が優しい関俊彦さんですが、ここまでの経歴をみてみると、やりたいことはやり続ける信念のようなものを感じますよね。

見た目は柔らかいので場は和みますし、その実力と安定感は仕事をするのに安心感がありますよね。

まとめ

関俊彦さんが人気なのは観客にだけではなく、共に仕事をするクリエーターにも安心感があるからかもしれません。

ますます、ステキな作品に出演して私たちを楽しませせくださることを期待しています♪

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。