スポーツ

ビルハヌレゲセが東京マラソンで履いた靴は?トップ選手を調査

こんにちは。ギボンヌです。

2019年3月3日に開催された東京マラソンではエチオピアのビルハヌ・レゲセ選手が2時間04分48秒(歴代2位)で優勝されましたね。

ビルハヌ・レゲセ選手はどこの靴を履いて走っていたのでしょう?

他のトップ選手も調べてみましたー!

東京マラソン2019トップ選手のシューズは?

優勝 ビルハヌ・レゲセ選手
(エチオピア)2時間04分48秒
年齢 24歳
身長 168cm
体重 55kg
自己ベスト 2:04:15(2018 ドバイ)
シューズ ナイキ Vaporfly 4%

2位 ビダン・カロキ・ムチリ選手
(ケニア)2時間06分48秒
所属 横浜DeNA
年齢 28歳
身長 167cm
体重 50kg
自己ベスト 2:07:41(2017 ロンドン)
シューズ ナイキ Vaporfly 4%

3位 ディクソン・チュンバ
(ケニア)2時間08分44秒
年齢 32歳
身長 167cm
体重 50kg
自己ベスト 2:04:32/2014 シカゴ
シューズ ナイキ Vaporfly 4%

4位 サイモン・カリウキ
(ケニア)2時間09分41秒
年齢 22歳
所属 日本薬科


シューズ ナイキ Vaporfly 4%

5位 堀尾 謙介 
(中央大)2時間10分21秒
年齢 22歳
シューズ ナイキ Vaporfly 4%

6位 今井 正人 
(トヨタ自動車九州) 2時間10分30秒
年齢 34歳
984年4月2日
身長 169cm
体重 55kg
シューズ ニューバランス

7位 藤川 拓也 日本 
(中国電力)2時間10分35秒
年齢26歳
1992年12月17日
シューズ ナイキ Vaporfly 4%

8位 神野 大地 
(セルソース) 2時間11分05秒
年齢 25歳
1993年9月13日
身長 165cm
体重 45kg
シューズ ニューバランス

2019年はヴェイパーフライ4%全盛

今回はスタートした先頭集団をみて、「赤いシューズばっかり?!」と思った人も多かったようです。

ヴェイパーフライ4%は赤いシューズというわけではないですが、確かに赤い靴だらけで、ヴェイパーフライだらけでした。

優勝から8位までみても、
8人中6人がヴェイパーフライのようにみえます。

厚底シューズか薄底シューズか?

昨年は厚底シューズか?薄ぞこ底シューズか?と騒がれていましたが、今年は厚底に軍配が上がったようです。

ナイキ所属の大迫 傑選手(27歳)が途中棄権されていますが、これは靴とは関係なく、気温の問題のようです。

おわりに

東京マラソンを見て厚底シューズを買おうと思った人は多いでしょう。

厚底を履くと4%能力が発揮できるなら、と。

けれども、めちゃくちゃ高価な上に、長くは持たないというシューズだそうですから、一般人向きではなさそうです。

心して取り入れなくてはいけませんね。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。