スポーツ

女子ハンド世界選手権のPRのぼりは誰が考えた?全コピー集めた

こんにちは。ギボンヌです。

熊本県で11~12月に開催される女子ハンドボール世界選手権大会をPRするのぼりキャッチコピーがあまりにも低俗だと批判が相次いでいますね。

そのなかでも2つのキャッチコピーは撤去に至ったようです。

ハンドボールをしていたギボンヌ的にこのキャッチコピーをみてみたいと思います。

女子ハンドボール世界選手権のPRのぼり

女性蔑視ではないかとの苦情をうけて撤去した幟は以下の2種類です。

「ハードプレイがお好きなあなたに」

「手クニシャンそろっています」

これは…ひどいですね〜。

完全に下ネタ丸出しですよね。

確かに、ハンドボールってハードなんですよね。
それにしても…。

「手クニシャン」っていうところなんかダジャレがおじさん過ぎて、虫酸が走る感じがしますねぇ〜。

誰が作ったのかと調べたら、「事務局が競技関係者と協議して決定した」という説明と「広告代理店に発注した」という説明があって、ハッキリわかりません。

プロのコピーライターがこんな稚拙な仕事をするとは考えにくいので、おそらく大会事務局のおじさんたちで考えたのでは?と思うのですが、どうでしょうね。

https://twitter.comstatus/1078117004525989889?/japanhand2019/s=21

珠玉のコピーだそうです。

それ以外のノボリはどんなの?

撤去されずに済んだというほかのキャッチコピーもみてみたいと思います。

「うちの部長の「丸投げ」なんてかわいいもんだ。」

え??意味が分からないんですが。。
部長??丸投げ??なに??

「いきなり弾GO!」

は??なに??意味がわからない。

「ディフェンスの練習がほぼぶつかり稽古。」

たしかにそうですけど。それ、魅力感じますかね。

「攻撃しないと反則になるらしい。」

まぁ、そうですが。。
これはキャッチコピーなんですか??

「リプレイなんて見てる暇ない。」

テレビで見る前提ですか??ライブじゃなくて。

「世界の競技人口では野球に圧勝。」

ほぉ。そうなんだ。

「時速100キロを、6メートルの距離からぶん投げます」

これはキャッチコピーなんすかね?

「ゴールには6メートルより近づけない。空中をのぞいて。」

そうなんだけどね。

漢字で書くと「送球」。てっきり「手球」かと。

これはキャッチコピーなのでしょうか?

「バスケより一歩多く歩ける優越感。」

うーん。
優越感ですか。

「選手というより、戦士です。」

ここまでバカにされた後だとなんかもうなぁ〜。

「世界レベルの走、跳、投、倒、転。」

なんじゃこりゃ。

「テレビよりかなりライブ向きです。」

さっきテレビ前提だったのに!

「打つじゃない、撃つだ!」

当たり前のことを力まれても、なぁ。

「シュートの瞬間、人類は鳥類へ。」

カッコ良く言ってもふざけてるようにしか聞こえなくなってきた。

「60分間ずっと、ゴールラッシュ。」

はい。そういう感じ。休んでる暇はないんです。

「日本代表はちょうど応援しがいのある強さです。」

え。。
これこそ、ふざけてないか?
日本代表をバカにしてる?
撤去にあたいするんじゃないの?

「1分ごとに歓喜と悲鳴のご準備を。」

早すぎて淡々としてたりしますけども。

「火の国だけに人気に火がついたらいいなぁ。」

もう、どうにもキャッチコピーが出てこなくなったんだな。
ここまできたらただの独り言じゃないか。

「見逃したら次はスペイン」

日本での開催なんだからさ、丁寧にやろうよ。

おわりに

ハンドボールをやっていたものとしては、「ハンドボール愛」があります。

たしかに日本ではマイナー競技ですが、観ても、プレーしても、スピード感があるし、飽きる暇がないほどに、とても面白いのです。

そんなハンドボールを斜めから見ないで、真っ直ぐ楽しんで頂きたいと思います。

真っ直ぐみて、面白いものなんですから。

のぼりを作る費用は

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。