スポーツ

イチローが引退した身体的理由は?身体のうごきの専門家が見たもの

こんにちは。ギボンヌです。

イチロー選手が引退されて、これまでのイチロー選手のプレーの動画を見ながらじんわりとしております。

バッティングも守備も盗塁も何度見ても美しくて、シビレてしまいます。

あんなカッコいい人いないですよね。

イチロー選手が引退を決意したのは身体の動きに決定的な何かを感じたんだろうとは思いつつ、ご本人も引退会見でも明かすことは無かったですね。

素人の私達は「老眼やろ」「眼やで」と言っていたんです。

なんせ、わたしもまもなく44歳。
イチロー選手と同世代です。
眼にきてます。

そんなことを言ってましたら「コレはすごい視点だ!」という記事をみつけました。

今回は身体の動きのプロからみたイチロー選手が引退を決断した身体的理由についてみていきたいと思います。

イチロー選手が引退を決断した身体的理由を身体の動きのプロがみた

イチロー選手の身体の変化について、新宿天心会の吉田直樹先生が書いておられました。

吉田先生が指摘するのは「呼吸器」でした。

吉田先生は野球に興味が無かったのに、イチロー選手のバッティングの姿をみて野球に興味を持つほど、強烈な存在だったようです。

吉田先生はイチロー選手の身体の動きについてこう書いておられました。

ここまで力を抜いてバットを構える選手は、世界中どこにもいませんし、歴史上一人もいないです。
剣術や武器術の世界でしか、見ないレベルの構え方です。
引用:引退するイチロー選手 〜 呼吸器が原因2

剣術や武術の世界…なるほど。

どうしてイチロー選手のプレーはこんなに無駄がなく美しく見えるのか?と思っていました。

剣術や武術に近い身体づかいをしているからだったのかもしれません。

そういえば、一流のプロスポーツ選手は、武術に近い身体づかいを自然にやっているということを、そのトレーニングをしている方から聞いたことがあります。

そんなイチロー選手ですが、吉田先生がいうには、最後の2試合の打席はそうでは無かったと言います。

彼がバッティングボックスに入る前後のルーティンワーク。

イチローの代名詞ですね。
ここに、すべてが出ていました。

全盛期の彼の姿と、引退前の彼の姿では、胸の膨らみが違います。

最後の2試合では、胸の中が、落ちたままです。

そしてバッターボックスで構えるお尻も、平らになっていて落ちている。
 
全盛期は見事にお尻がプリっとしていて、そこに上半身が見事に、フワッと乗っている。

引用:引退するイチロー選手 〜 呼吸器が原因2

そう言われて、イチロー選手の動画を見直してみることにしました。

一緒に見てみましょう。

最終打席 一塁側から(背中)

最終打席センターから(正面)

最終打席三塁側から(前面)

ヤンキース移籍後 一塁側から(背中)

2013年4000hit(背中)

マイアミ三塁側から(前面)

2009年三塁側から(前面)

再び、2019年マーリンズに実践復帰した時のイチロー選手。

たしかに。

素人目ではあるけど、何度何度も見比べていると違いが分かるように思えます。

胸の膨らみもそうですが、肩甲骨まわりの動き方も全然変わっているようにみえます。

背中の動きが減っているように感じました。

最終打席の時の背中と4000本安打の時のものと比べると全然動き方が違っています。

そういえば、私は最後の2試合を見たときのイチロー選手の印象は、「細くて、お尻が平たい」と思っていました。

それに、表情も含めて、すごく硬く、これまでのイチロー選手の丸い動きや弾力を感じなかったように思います。

カクカクしてるような感じ、です。

それを素人目では、「無駄な肉を付けずに若い頃を維持している」とか、「シュッとしてる」とか思っていたのですが、そうではなかったのですね。

吉田先生は人の身体をみるプロです。

その吉田先生は最後の2試合のときのイチロー選手の姿をこうみていました。

引退当日の背中の写真などは、まさにそうでしたから。

春の動きで、疲れ切った背中であることが、ユニフォームの上からでも分かりました。

あれは実に酷かった。
引用:白髪のイチロー 〜 呼吸器が原因3

酷かった、のですね。

吉田先生がチームドクターなら「この姿を見た途端治療を申し出ます」と書いておられました。

身体の動きのプロからみると、それほどまでに酷かったということです。

イチロー選手が引退を決断した呼吸器について

急に「呼吸器」と言われてもピンときません。

たしかにスポーツ選手は呼吸が大切だろうとは思いますけど、どういうことでしょう?

スポーツは基本的に何でもそうですが、肺が、胸が上がってないと無理なのです。
 
腕は、その根っこに呼吸器があります。
つまり、腕と呼吸器は、1セットのものなのです。
整体学では、こう考えます。

引用:引退するイチロー選手 〜 呼吸器が原因2

なるほど。
腕と呼吸器が1セットと言われると分かるように思えます。

私はスポーツ選手ではないです。

ですが、仕事で息が浅くなっていたとき、手が上手く使えなくなっていたことがありました。

現在は、イチロー選手ではありませんが、座る前に両腕を、万歳してから座るのがルーティンになっています。

普段ドクターコートを着るので、万歳してから座らないと服に身体が引っ張られて呼吸が深く吸えないのです。

とても疲れるので、万歳して、胸を上げてから仕事をはじめることにしてい
ます。

イチロー選手が引退を決断した呼吸器と白髪の関係

イチロー選手はここ数年白髪が増えました。

吉田先生によると、白髪の原因は「頭皮の硬さ」だといいます。

ここにテキストを入力
頭皮は呼吸器が下がると、
引っ張られることになります。

すると、頭皮がユルまず、硬くなります。
引用:白髪のイチロー 〜 呼吸器が原因3

白髪も呼吸器との繋がりだったんですね。

イチロー選手が引退を決断した呼吸器が下がる原因

吉田先生がおっしゃる、「呼吸器が下がる」一般な原因についても、想像できないものでした。

寝起きや寝る前の腕の酷使は、すぐに呼吸器の下がりに直結します。

このようなことで、長年のスイングの疲労も、蓄積していたかもしれません。

また、野球のグラウンド。

ここは決して、人体にとって優しい状態の場所ではありません。

夏は炎天下だとひどい暑さになるし、まぶしく蒸し暑いとも聞きます。

これが年々積み重なれば、大変です。

彼は誰よりも早くグラウンドに入る人ですし、そんな負担もあったかもしれません。
引用:白髪のイチロー 〜 呼吸器が原因3

イチロー選手はトレーニングをしっかりとされていますから、寝起きや寝る前、腕を酷使していそうですね。

メジャーでは試合も移動も日本よりハードでしょうから、疲れも抜けにくなっていったかもしれません。

おわりに

私がイチロー選手を生で見たのは神戸にオリックスブルーウェーブの試合を観戦した時でした。

当時、イチロー選手は「細っちい」と思っていたのに、生で見たネクストバッターズサークルで素振りするイチロー選手は思っていたものとは違っていてとても大きく見えたのを覚えています。

あの頃は振り子打法でした。

イチロー選手はずっとかっこよくて、美しい惚れ惚れするプレーを長年に渡って見せてくれました。

本当は50歳までメジャーでプレーしてくれることを期待していたけれど、吉田先生のブログを読んで、ますますイチロー選手の長年の選手生活を労いたいと思いました。

スポーツ選手にとって、呼吸器がとても大切なことを知りました。

吉田先生がリスペクトするイチロー選手。

いつか、吉田先生がイチロー選手とお話できる機会があればいいなぁと思います。

私もいつか、吉田先生のご指導をお願いしたいと思います。

吉田先生、イチロー選手の引退会見じゃないですが、なかなか厳しそうなので、アホな私はびびってますが。

ここまでお読みくださりありがとうございます。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。