カラダ

手足口病はうつる?大人症状と潜伏期間と注意したい合併症について

こんにちは。ギボンヌです。

今回は夏になると流行する手足口病についてまとめました。

手足口病は子供がなる病気と思っていましたが、大人もかかります。

ウィルスによった症状や合併症、発症した場合の生活の注意したいことなどについてもまとめました。

手足口病はどんな病気?

手足口病はウィルス感染による病気です。

感染してから3~6日後に、口の中、手のひら、足底や足の甲などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。

発熱はあまり高くならないことが多く(熱がでない人が多い)、高熱が続くことは通常はありません。

これらの症状は3〜7日くらいで治る病気です。

夏に子どもに流行することが多いイメージですが、大人も感染することがあります。

手足口病の原因になるウィルスはコクサッキーウイルスA6A16エンテロウイルス71(EV71)コクサッキーウイルスA10などが原因になり発症します。


画像:彦根市立病院さんより

流行は1~2年周期で、初夏から初秋に中心に発生します。

1シーズンに2種類以上のウィルスが流行すると秋~冬まで発生がずれ込むこともあります。

手足口病は飛沫感染接触(経口)感染糞口感染によって感染します。

手足口病はうつる?

手足口病は飛沫感染や接触感染によってうつります。

「飛沫感染」とは

咳、くしゃみや会話によって飛んだツバ(飛沫)に含まれるウィルスを受けての感染です。

飛沫は直径0.005mm以上の大きさで、水分を含むため、届く範囲は限られており、1~2m程度と言われます。

飛沫感染にはマスクの着用や感染源から距離をとることが有効です。

「接触(経口)感染」とは

接触(経口)感染は直接的なものと、間接的なものがあります。

直接的なものとしては、皮膚や粘膜の直接的な接触することで起こる感染です。

間接的なものとしては、ほかの人の手や食べ物、食器、ドアノブ、手すり、スイッチやボタン、レバーなどや、便座、などの表面を介して接触することで病原体が付着することによる感染のことです。

接触感染の一般的な対策は、「手洗いをしっかりとする」ことと、「排泄物を適切に処理する」ことです。

手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されます。

感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると言われます。

つまり、手足口病にかかわらず、日頃からのしっかりとした手洗いを心がけておきたいですね。

手足口病の大人の症状は?

ウィルスに感染し発症すると、手のひら、足底、足の甲、おに特有な斑状丘疹や水疱(2~5mm程度)ができたり(顔面に出る人も)、口腔内の舌の側面、 頬の内側の粘膜や唇に小さな水疱(1~1.5mm)または発赤疹が発症します。

それは7~10日間持続します。

発熱は1~3日ほどでることがあります。

熱は高くても38℃台で、症例の40%では発熱がみられません。

手足口病は水痘(みずぼうそう)と違ってかさぶたになりません。

手足口病の潜伏期間は?

潜伏期は2~7日です。
一般的は3~4日間が多いようです。

手足口病の注意したい合併症とは?

手足口病は症状も軽く「かかってはいけない病気」というわけでもありませんが、あまり軽く見過ぎないように見守る必要もあります。

上記のような手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもあるようです。

手足口病は、非常にまれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、合併症が起こることがある病気です。

特にエンテロウイルス71(EV71)による感染では、他のウイルスによる手足口病と比べると中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが判明しています。

※手足口病の診断名で提出された検体からどんなウイルスが検出されたかがわかりますから注意しておきましょう。

手足口病には治療薬はなく、対症療法を行いながら自然に症状が消失するのを待つしかないです。

けれども、「呼びかけに応じない」「視線が合わない」などの意識障害や「けいれん」「嘔吐」「顔色不良」「全身状態の悪化」などが現れた場合は迷わず病院受診しましょう。

早急な合併症に対する治療が必要になります。

また、コクサッキ―ウイルスA6の感染では、手足口病の症状が消失してから1か月以内に、手足の爪が剥がれ落ちることがあります。

これは自然に生えてきて回復してゆくものとされています。

手足口病にかかったときの生活の注意

手足口病の症状のなかでも口腔内の水疱は辛い痛みを伴います。

食事には痛みを伴いますから、食欲がなくなってしまうこともあります。

けれども脱水にならないように水分補給に注意しましょう。

経口補水液(糖、電解質の入った飲用水)やお粥ゼリーなど、水分が多い喉通りのよいものを食べるなど、工夫しましょう。

手足口病は仕事は休んだほうがいい?

ウィルス感染というと、「感染させてはいけないから仕事を休まないといけないのか?」と思ってしまいますよね。

案外そこまで神経質になるものではないようです。

手足口病は、子供の場合、学校保健安全法による出席停止期間は設けられていません。

一般的には症状が治り、全身状態が良好になった段階で登園・登校となります。

割とゆるやかなんですね。

けれども、大人は子供ほど感染しにくいとは言え、感染がわかってから仕事に行く場合はマスクをすることや、手洗いをしっかり行うことは大切ですね。

(※保育士などは保育園によって考え方があると思いますし、職業や職場によるものがあるので、感染した場合は職場で相談するようにしましょう)

おわりに

今回は夏になると流行する手足口病について大人がかかった場合を中心に、
症状や合併症、仕事についてもまとめました。

対処療法により治るのを待つしかない手足口病ですが、楽観視しすぎず、重篤化しないように症状を見守るようにお気をつけくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。