カラダ

裸足ランニング講座や練習会に参加してみた!おススメ4選

こんにちは。ギボンヌです。

裸足ランニングが熱い昨今ですね。

裸足で走るなら、自分の足とカラダなのだから、自分の身体に聞けば走れると思いませんか?

私は半分そう思っていました。

感覚を感じていけば、いずれわかってくるのでは?と。

ちなみに私はランナーではなく身体を探求するうちに「裸足」に関心をもった人です。

2019年5月の飯能ベアフットマラソン(裸足のマラソン)に参加してから、そこで出会った方々に「裸足を学ぶ場」を紹介していただいて、色々参加してみています。

参加してみて感じたのは、思ったよりも自分の身体を忘れているということでした。

身体の構造や機能にそった動きを昔の人は学ばなくても自然にできていたのかもしれません。

でも、現代の私たちは講座でヒントを貰って、やっと少し理解が開ける人も多いのかもしれません。

講座や練習会に参加して身体づかいのヒントを貰えるのは大きいなと思いました。

そして、これはランナー(裸足ランナーもシューズランナーも含め)にはもちろんですが、私のようなランナーではない普通の人の生活にも大きなヒントになります。

学んだことは学校で習いたかったと思うくらい大きな学びですし、ランナー以外の方にも是非触れてみてほしいと思いました。

ですから、今回は私が参加した「裸足ランニング講座」や「裸足ランニング練習会」、それに友人が参加した裸足を学べる講座(参加したいけどなかなかタイミングがあわない)についてもまとめてみたいと思います。

裸足ランニング講座や練習会に参加してみた!おススメその①

ナチュラルランニング教室

ナチュラルランニング教室は日本ベアフットランニング協会が主催している裸足ランニングの教室です。

講師は日本ベアフット・ランニング協会理事長で通称「裸足王子」と呼ばれている吉野剛さんです。

吉野さんは日本における裸足RUNの第一人者であり裸足走法の研究者です。


吉野さんの著書:世界初!ベアフット・ランナーの実用書 裸足ランニング

年に4回程度または不定期に、札幌、東京、名古屋、大阪などで開催されています。

開催情報はこちらから得られます。

ナチュラルランニング教室(大阪 扇町公園)に参加してみた

私は兵庫県に住んでいるので2019年6月15日に大阪の扇町公園で、開催されたナチュラルランニング教室に参加しました。

朝8:00からの開催で、私は6時半過ぎに走れるウェアでMAN SANDALSで家を出ました。

※MAN SANDALSとは

参加される皆さんはランニングウエアで来られていました。

ランナーの方は、ランニング用のザックだったり。

私もランニング用のウエアで行ってそのまま家に帰ってきましたが、夏場などは汗をかくのでどこかトイレなどで着替えをした方がいいでしょうね。

参加されている方は、シューズランナーの方や、MANSANDALSで走っておられる方、ビブラム ファイブフィンガーズの方、裸足ランニングクラブ大阪の会員の方、あとは子供さんもいらっしゃいました。

吉野さんはビブラム ファイブフィンガーズの販売もされています。

ですからナチュラルランニングの情報はビブラム ファイブフィンガーズのサイトからも得られます。

何度も言いますが、私はランナーではありません。

ランナーに混じって長距離走るのはとても無理。

でも、大丈夫でした!

そんなに沢山は走りません。

でも、短い距離は走りますし、跳ねたりもします。

それぞれの身体に合わせて無理をしないようにすることが大事ですね。

吉野さんのお話はとても分かりやすいですし、模範となる身体づかいをされている人だと思いました。

バネがすごいです。

ぴょんぴょん跳ねる姿はインパラのようでした。
(完全に吉野さんにインパラが重なってみえたのです)

それは筋肉をつければ跳べるというものではないのですね。

身体づかいがあって、それによって腱も鍛えられてのあの身体能力なのかもしれません。

身体づかいがあって、身体が育って、そこにある身体なのかと思いました。

あんなに裸足で高くピョンピョン跳んだら、身体が使えていなければ着地で痛めそうですから。

やはり私のような一般人は無理はしないことです。

ランニングで故障をしたりするランナーの方には学びが多いとおもいます。

私はランナーではありませんが、日常生活、歩行などに役立つことがありました。

重心や着地や軸や身体の反射など、楽に動けるコツのようなものを使わずにいることが多かったのです。

吉野さんはエリート選手とも近くで接することが多いといいますし、裸足で「サンディエゴ・ロックンロールマラソン」に出場され3時間14分だったそうですから、選手レベルのランナーさんでももちろん学びが多いだろうと感じました。

「1か月どのくらい走るのか?」とランナーの方が質問されていて、確か走るようにしていて「60キロくらい」とおっしゃっていたと思います。

ランナーではない私の感覚で、「少ない」と思ったんですが、どうですか?

走れば走るほど良いわけではない??

その辺りもランナーさんは聞きたいことがあるのではないかと思います。

ぜひ、吉野さんのナチュラルランニング教室で色々質問してみてください。

※余裕がなくて写真が撮れずでごめんなさい。

吉野さんの動画はこちらからご覧ください。

裸足ランニング講座や練習会に参加してみた!おススメその②

裸足ランニングクラブ大阪と全国のクラブ

裸足ランニングクラブは兵庫県の私が参加しやすい「大阪」以外にも、東京、新潟、香川、沖縄、愛知、広島、福岡にもあります。
詳しくはこちらから

裸足ランニングクラブは練習会をしているのですが、ちゃんとコーチが指導してくださるのでご安心下さい。

各地域のコーチの情報はこちら

【年会費】

全国一律3,000円+入会金(カード発行手数料)500円

【練習会参加費】 無料

【特典】
Vibram FiveFingers特別割引

イベント割引有り

オリジナルTシャツ販売

練習会参加費って、年会費払うと無料だったんですね。

あのクオリティで…驚きです。

裸足ランニングクラブ大阪(中之島)に参加してみた

私は兵庫県にいながら、飯能ベアフットマラソンでその存在を紹介していただくまで、「裸足ランニングクラブ大阪」の存在を知りませんでした。

あったとしても私のようなものランナーでもない者が入れないのでは?と思っていましたし。

飯能ベアフットマラソンの帰り道の電車の中で、福岡からのランナーの男性が「裸足は1人でできるようにと思っても難しいから、裸足ランニングクラブに何度か行ってみたらいいですよ」と教えて頂いて、ビビリながらも参加しました。

裸足ランニングクラブは「講座」というよりは、「練習会」という感じなのだそうです。

それでも、それぞれの地域にコーチがいらっしゃいます。

このコーチの面々をみていたら、さらにビビってたかもしれません。

すごいガチに凄そうな人たちです。

あんまり見ないで参加して良かったです。

大阪は宮本直コーチです。

トライアスロン、IRONMANにも出場してるんですね。

京都トライアスロン協会の理事で、専門学校の教員で、鍼灸師さん。

私が参加したときは「身体を痛めて、最初は走っていない」とおっしゃっていたんですが。

動き始めるとピョンピョンすごいバネ感で、どこ痛めているんだろう?と思うくらいでした。

ガッチリとした身体をされているけれども、膝の柔らかさも凄い!

武術とも繋がるような動きをされていました。

宮本さんはカラダのプロだけあって、説明もすごく分かりやすいし、カラダの扱いも長けていらっしゃる。

私は先に吉野さんのナチュラルランニング教室に参加してからの裸足ランニングクラブの練習会だったので、さらに違う角度からも理解を進められたように感じました。

一度ではどうしてもわからないし、とてもすぐにはできないのですよね。

これは私がランナーではないからではなくです。

むしろランナーさんはランナーさんならではの癖があったりして、身体で理解しにくいところもあるようでした。

宮本コーチと裸足ランニングに慣れている裸足ランニングクラブの皆さんの協力のおかげもあって、私も慣性の法則に則って転がるように走れました。

爽快感ですね〜。

チカラで蹴って走るのに比べると何倍も楽に走れるのですね!

走り始めたら止まらないくらいに転がる。

驚きでした!


ビブラムファイブフィンガーズかサンダルがほとんどでシューズはナイキが一足でした。笑

飯能ベアフットマラソンで裸足ランニングクラブ大阪に紹介してくださったかたは腰の怪我やご病気や外反母趾など(緊張してはっきり覚えていないので、今度お会いした時に確認して追記します)色々あったそうですが、全て解消したと言っておられました。

この日は参加されていませんでしたが、先のナチュラルランニング教室に参加されていて、その走りをみて驚きました。

忍者のように走るのです。

身体を悪くしていたなんて想像できないくらいの走りでした。

(この男性は44歳の私よりはいくつか年上の方です。年齢を感じさせない動きでした。)

その方を裸足ランニングクラブに引き込んだという妹さんも、長くウルトラマラソンとか走っていて骨が飛び出るくらいの足底筋膜炎になっていたそうで、吉野さんに出会って裸足をやって3ヶ月で治してしまったといいます。

現在はとても楽に走っていらっしゃって、フルマラソンなら裸足で走れるとおっしゃっていました。

(このかたも44歳の私よりはいくつか年上の女性です。年齢を感じさせない動きです。)

裸足ランニングクラブ大阪に初めて参加して、未来が明るくなってきました。
元気に生きてゆけそうです。

と言うわけで、入会申し込みをしました。

裸足ランニング講座や練習会に参加してみた!おススメその③

飯能ベアフットマラソンの裸足ラン講習会

飯能ベアフットマラソンのマラソン開催まえの早朝に「裸足ランニング講習会」があります。

飯能ベアフットマラソンについてはこちら

これはナチュラルランニング教室の日本ベアフット・ランニング協会の吉野剛さんが講師です。

【開催時間】8:00〜(1時間)

【受講料】1,500円

※早めに申し込まないと定員に達してしまうのでご注意ください。

飯能ベアフットマラソンの裸足ランニング講習会に参加してみた

飯能ベアフットマラソン走るんだったら、当然「裸足ランニング講習会」は必須でしょう!ということで、なにもわからずに参加しました。

これが私のはじめての裸足の教室の参加でした。

結構沢山の人が一気に受講します。

道に迷って遅刻気味だった私は、マラソンの受付もなしに、着替えもせずに飛び込みました。

前半は加治神社の芝生で身体の使い方を学びました。

それから、マラソンコースに入っていきます。

実際に上り坂や下り坂、砂利道の走り方のコツを教えてもらって体験してゆきます。

コースでの講習会はかなり珍しいのではないかと思います。

みんな、「イタタ、イタタ」とキャーキャー言いながら走っていました。

山の中は小さな松ぼっくりみたいなのが結構痛いのですよね。

裸足ランニング講習会は1時間ほどで大人数なので駆け足な感じはあります。

この一回でなにか修得して、即マラソンに活かせたか?といえば怪しいところです。

裸足ランニング講習会に参加してみて感じたことは、「思ったより足裏がいたいぞ。」ということでした。

コースにでてみて「走れるかな?」と一抹の不安を感じ始めるという…。

毎月ハーフに出場しているというシューズランナーの男性は「10キロを申し込んだけど、走れるか厳しかも」とつぶやいていました。

身体は思うように動かなかったけど、それでも、学んだ内容は素晴らしくよかったと思いました。

是非、飯能ベアフットマラソンに初めて参加するかたはこの裸足ランニング講習会に参加してみることをお勧めします。

裸足ランニング講座や練習会に参加してみた!おススメその④

MAN SANDALSワークショップ

MAN SANDALS(マンサンダル)ワークショップは不定期で開催されているMAN SANDALSを自作するワークショップです。

主に東京近郊で開催されています。
情報はいつでるかわかりませんのでFacebookのMAN SANDALSグループページから情報を得ましょう。

MAN SANDALSワークショップはまだ参加してない[追記:しました!]

番外編です。

というのはMAN SANDALS(マンサンダル)ワークショップにはまだ参加することができていません。(参加したと言いたいですが)

[追記]2019年9月1日に奈良で開催されたW-MAN SANDALS(ダブル・マンサンダル)のワークショップに参加してきました!

そのレポートはこちらをご覧ください。

そして、「裸足」だっていうのに、なんで「マンサンダル」なの?ってかんじですよね。

MAN SANDALS(※以下マンサン)のワークショップは、たしかにマンサンを自作するワークショップなんですが、裸足があってこそのマンサンなのですよね。

その辺りはこちらで細かく説明しています。

だから、裸足の身体について学ぶことができます。

マンサンは坂田満さん(通称manさん)が生み出したものです。
MAN SANDALSについてはこちら

MAN SANDALS 公式サイト「サンダルという名の裸足」はこちら

このmanさんという人の身体の研究は、一般人の域をこえていて、凄まじいのです。

私がこのマンサンを作った理由は(ワークショップに参加せずに作りました)モートン病という、足から脳天までイナズマが走る激痛に悩んでいたことがキッカケでした。

最近わかったことなのですが、manさんはここ10年来モートン病と付き合っているというのです。

一度なったモートン病は治りそうにないと思ってはいましたが、裸足のmanさんがモートン病だったなんて…正直絶望的に感じました。

ですが、manさんはモートン病との上手な付き合い方を会得していたのです。

その時のmanさんの言葉

「そんな悲壮感漂うようなシロモノではなく、重心がずれてることを知らせる便利なM(モートン)アラートですよ」

どうやら裸足で砂利が痛いのと、足の中の患部や、身体の中の患部が痛くなるのはとても近い事のようです。

それだけ身体に優しい走りが必要ということなんです。

それはシューズだろうがマンサンだろうが。

先日関東に住む友人の女性2人が東京で開催されたMAN SANDALSワークショップに参加していました。

何をやっていたか?

頭の上に20Lの水をのせて、砂利を歩くんだそうです。

動画もみせてもらいました。
(※ここではお見せできないのが残念です。)

頭に20Lの水をのせて砂利を歩いたあと、水を頭から下ろしたら、友人は砂利が痛いなんて感じないかのように砂利の上を軽やかにサーーーッと走っていったのです。

裸足経験ほぼない女性ですよ。
ランニングもしていません。

彼女に感想を聞いたら
「全身が繋がる体験をした!」
と言っていました。

もう1人の友人は私の親と歳が近い方です。

MAN SANDALSワークショップはランナーだけのものでも、若い人だけのものでもないんですよね。

ちなみに裸足ランニングクラブ大阪の「重度の足底筋膜炎だったのを3ヶ月で完治させたという女性」は、この「頭に20Lの水をのせる」をやったとき、manさんから「変わらないんじゃないかな」と言われたそうで、その通り変化なかったそうです。

裸足ランニングクラブですでに重心が整った身体が出来ていたのでしょうか。

なかなか、マンサンダルワークショップにいけないので、裸足ランニングクラブに入会して間違いなかったようです。

おわりに

今回は私が参加した裸足ランニング講座や練習会、それに友人が参加した裸足を学べる講座(参加したいけどなかなかタイミングがあわない)についてまとめてみました。

裸足ランニングというと、ランニングもしないし、裸足もそんなにしてない自分からすると敷居が高いと感じたのです。

そんな方多くないでしょうか?

私はめちゃくちゃ興味があるし、参加したいけど、「そんなところに入れるだろうか…」とびびっていました。
(兵庫から埼玉のベアフットマラソンに参加しておいてなんですが…)

飯能ベアフットマラソンの帰り道に電車でご一緒した福岡からのランナーさんが「大丈夫ですよ、裸足の人には体育会系の人がいないから怖くないですよ、問題ないです」と励ましてくださいました。

本当、そうなんですね。

参加してみてわかりました。

勝ち負けとか、争いとか、焦りとかがない感じがしました。

吉野さんも、「そんなに裸足で走ってないですよ。でも最初は裸足で生活したりしていたので、一定期間は裸足をした方が良いとは思いますけど」

と言いますし

重度の足底筋膜炎を完治させた女性も「ウルトラとかになると、途中で靴のサイズが変わるから、大きめをもう一足用意しないといけなかったりしたけど、今はどんな靴でも履けるから大きめ一足あればいい」
というようなこともおっしゃっていました。

裸足というと「裸足じゃなければいけない」となりそうですが、そうでもないのですね。

シューズランニングされているかたにも、裸足での身体づかいはとても大きな学びになると感じました。

そろそろ武術を習おうかと思っていたんですが、どうやら私は裸足ランニングだったようです。

裸足ランニングの情報で喜んでもらえたら嬉しいです。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。