おでかけ

箕面の栗拾いのアクセスと駐車場情報は?予約とバーベキューについてin大阪府

こんにちは。ギボンヌです。

秋はやっぱり栗拾いですよね。

私が子供の時は近くの公園で栗拾いができて、拾ってお母さんに蒸してもらって食べていました。

最近では街に住んでいる子供さんは栗がなっているのを見たことがない子もいるかもしれません。

ぜひ、栗拾いの体験はしておきたいですね。

私が住む川西から近い栗拾いスポットとどろみ体験農園 中政園 (なかまさえん)についてアクセスや駐車場情報、バーベキューなどの予約についてもまとめてお届けします。

丹波篠山の栗拾いスポットはこちら

淡路島の栗拾いスポットはこちら

猪名川町の栗拾いスポットはこちら

箕面の栗拾いどろみ体験農園 中政園 のアクセスと駐車場情報は

中政園 (なかまさえん) 

 

【住所】
〒563-0252
大阪府箕面市下止々呂美(しもとどろみ)822

〒563-0252 大阪府箕面市下止々呂美10819(山林内)

《MAP》

【問い合わせ】072-739-0895

【ホームページ】
http://www.nakamasaen.com/index.html

【営業時間】10:00〜16:00
※気象条件などの影響で開園期間・内容時間を予告無しに変更する事があります。

【定休日】不定休

【栗ひろい開園期日】 
2019年9月15日~11月4日
    

【料金】
1,600円 (入園料含 大人・子供3歳以上)
農園の籠一杯約1Kgの持ち帰り
※平日は3日前までに4名以上で要予約

【駐車場】あり
日・祝日の駐車場は満車で
混雑する時間帯があります。

【アクセス】

《車で》
北大阪急行電鉄南北線と大阪高速鉄道大阪モノレール線の「千里中央」駅 から箕面グリーンロード経由約15分

阪急電車「箕面」駅から
箕面グリーンロード経由約15分

JR大阪駅周辺からは阪神高速11号池田線池田木部第二から423号経由で約40分

又は新御堂国道423号からグリーンロード経由で約40分

池田方面からは約30分。
176号から木部町交差点を直進し423号へ。
新名神高速をくぐり右折。(余野川を渡る橋の手前信号)
看板に従って駐車場へ到着できます。

【箕面グリーンロード(有料)】
普通車 620円
軽自動車 510円
※料金割引社会実験中は普通車410円、軽自動車360円

新名神高速「箕面とどろみ」からは車で約5分

《電車・バスで》

北急・大阪モノレール千里中央駅から阪急バス、止々呂美南停から徒歩15分。

箕面の栗拾いのどろみ体験農園 中政園のバーベキューと予約

体験農園 中政園 (なかまさえん)では栗拾いとバーベキューが楽しめるセットがあります。

食材持ち込みもできるのですが、断然セットメニュー「椎茸バーベキューセット」おすすめです。

栗拾いをして、栗ご飯を食べられるというのは贅沢ですよね。

私は栗を剥くのが苦手なので、栗ご飯はここで食べてしまうことにしています。

栗拾いだけの予約ではバーベキューができないので、栗拾いの予約と同時にバーベキューの予約もしておきましょう。

【茸バーベキューセット】

《料金》3,950円

《セット内容》
入園料+栗拾い+バーベキュー+栗ご飯

《予約》
予約制。

※4名以上で3日前までの申し込みが必要です。
※600円UPで牛肉への変更可能

【お子様セット】

《料金》2,800円 

《セット内容》
入園料+栗拾い+バーベキュー+栗ご飯

《予約》予約制

※家族(大人と)同時に予約ください。
(幼・小学校児童限定)

【すき焼きセット】

《料金》4,800円

《セット内容》
入園料+栗拾い+牛すき焼き+栗ご飯

※かしわのすき焼きは4,200円

【材料持込バーベキュー】

《料金》
1,000円
(1セットで4名可能)
※栗拾いの料金と別途

《セット内容》
コンロ(炭・網)・テーブル・椅子

※切った食材と食器類を持ち込みください。

※土日祝日の3日前まで予約が必要です。

※栗ひろいとの同時申し込みに限ります。

【設備】
トイレ・手洗い設備あり
※炊事場はないので持ち込みはカットしておきましょう。
※ゴミは持ち帰りしてください。
                   

おわりに

今回は私が住む川西から近い箕面にある栗拾いスポットとどろみ体験農園 中政園 (なかまさえん)についてアクセスや駐車場情報、バーベキューなどの予約についてもまとめてお届けしました。

山の中で過ごす時間は都会で過ごしていると癒しの時間になれます。

秋のお出かけのお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。