おでかけ

栗拾い2019淡路島のおすすめ栗園2選!アクセスと駐車場情報in兵庫

こんにちは。ギボンヌです。

秋といえば栗拾いですね。

淡路島では海を望める珍しいロケーションの栗園があります。

縄文時代から自生しているくりの原種ともいえる「芝栗」が拾える栗園があるのも、魅力的です。

食べられるどんぐりを探して調理して食べてみたりするギボンヌにとってはやはり、この柴栗は魅力的です。

子供の頃に公園で拾っていた思い出深い栗でもあります。

今回は北淡路島にある栗園のアクセスや駐車場、栗の種類についてもお届けします。

栗拾い2019淡路島のおすすめ栗園選!アクセスと駐車場情報in兵庫①

栗脇農園【北淡路島】

栗脇農園さんは珍しい海が見える観光栗園です。

約400本の栗の木があるのでたくさん拾うことができますよ。

栗園が傾斜15度以下ということでベビーカーや車椅子でも栗拾いを楽しむことができるのも嬉しいですね。

【住所】〒656-1722 兵庫県淡路市野島轟木295

《MAP》

【電話番号】0799-82-1683

【開園時期】9月上旬~10月上旬

【開園時間】10:00〜17:00

【定休日】期間中は無し

【栗の種類】

丹沢
ホクホクして甘い。皮が柔らかくむきやすい。甘露煮にすると綺麗に黄色くなる

筑波
茹でて美味しい。ホクホクして調理方法を選ばない万能な栗です。

【料金】
大人1000円
こども(10歳以下)500円

《お土産》
大人600グラム、子供300グラムのお土産があります。

【予約】事前予約は不要です

【アクセス】
《車で》
神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分

《バスで》
栗脇農園へは「北淡路島無理シャトルバス」が便利です。

「岩屋ポートターミナル」や「淡路IC」のバス停から北淡路のスポットを回りますので、高速バスからの乗り継ぎが便利です。

ハローキティスマイル(HELLO KITTY SMILE)前のバス停から徒歩6分のところにあります。

北淡路島無理シャトルバスについてはこちらをご覧ください。

(※のじまスコーラmieleもバスですぐのところにあります。)

【駐車場】無料(普通車10台前後)

【販売】
焼き栗や栗ごはん、栗おにぎりをはじめ、さつまいもや鳴門金時など淡路島の秋の味覚を大変お買い得な値段で販売しています。

【関係ホームページ】
あわじしま観光ナビ

淡路カントリーガーデン

栗拾い2019淡路島のおすすめ栗園選!アクセスと駐車場情報in兵庫②

古川農園は意外にツー好みの「柴栗」が拾える栗園です。

明石海峡大橋、大阪湾・紀伊水道、関西空港・神戸空港が眺望できる珍しい立地の栗園です。

淡路ICから近いので、「北淡路無料シャトルバス」などで北淡路のお出かけも便利ですよ。

古川農園【北淡路島】

【住所】古川農園
〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋3187-1

《MAP》

【電話番号】
0799-72-4192(農園)

【問い合わせ】mitsuo_furukawa2103@ybb.ne.jp

【開園時期】
9月中旬~10月上旬
※いも掘りは9月中旬~11月中旬

【開園時間】10:00から日没まて

【定休日】期間中無休

【栗の種類】

丹沢
(粘りがないホクホク系。)

銀寄
(ゆで栗にすると香りが良く、滑らかな食感です。地元では渋皮煮にするマダムが多い栗。)

柴栗
(縄文時代から山に自生してきた栗で、現在の栗の原種。小粒で渋みもある栗本来の味。栗園では珍しい。)

【料金】
おとな500円
3歳以上100円です。

《持ち帰り》
大阪中央卸売市場価格で。
(小売価格に比べると超安値です)

【予約】
電話で予約。

【当日受付】
当日の場合も事前に電話で確認してみましょう。

【バーベキュー】あり
食材は持ち込み。
※道具や炭の持ち込みの有無で値段がかわります。詳しくはこちら

【アクセス】
淡路インターチェンジから800m
車で約3分、徒歩約10分。

【駐車場】25台あり

【ホームページ】
http://furukawa-nohen.sakura.ne.jp/

おわりに

今回は北淡路島にある栗園のアクセスや駐車場、栗の種類についてもお届けしました。

この秋の思い出づくりのお役に立てたらうれしいです。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。