イベント

MANSANDALSはワラーチにあらず?講習会@奈良に参加してみた

こんにちはギボンヌです。

2019年9月1日(日)に奈良の橿原神宮で開催されたMAN SANDALS(マンサンダル)のワークショップ(講習会)に念願叶ってやっと参加してきました。

今回は奈良の裸足の野人?いや仙人?の上田剛さんが主催してくださり、MANSANDALS(マンサンダル)の生みの親である坂田満さん(通称manさん)をお招きしての「W-MANSANDALS(ダブル・マンサンダル)」のワークショップとマンサンメソッドの講習会でした。

W-マンサンダルを製作し、その後畝傍山(うねびやま)にての講習というものです。

世の中でみれば、MANSANDALS(マンサンダル)自体もまだまだワラーチとの区別がつかない状況であり、ましてやワークショップとなるとどんなものか想像もつかない。

そして、W-MANSANDALS(ダブル・マンサンダル)とはなんぞや?という風に思っている人も多いでしょう。

今回は、私がマンサンダルのワークショップに参加したレポートをまとめつつ、マンサンダルのワークショップについて、W-マンサンダルとはなにか?についてまとめてみたいと思います。

MAN SANDALS 公式サイト「サンダルという名の裸足」はこちら

マンサンダルの作り方入手方法はこちら

MANSANDALSはワラーチにあらず?マンサンWS講習会とは

ところで、マンサンダルとワラーチは同じだと思っていませんか?

マンサンダルはワラーチとは別物だということはあまり認識されていなくて、混同されていたりします。

ワラーチは足と一体化させる履物寄りのものです。

(タイヤで作ったワラーチ)

ワラーチとは違いMANSANDALS(マンサンダル)は足と遊離しますから、裸足に近い位置付けになります。

それについての詳しい解説はこちらをご覧ください。

マンサンダルは裸足がベースになっているため、靴などの履物を履いたときの歩き方や走り方とは違うものになります。

裸足で外を走るとなると、小石などで足裏が痛かったり、衝撃がダイレクトに身体にこたえたりすることは想像できると思います。

裸足での歩行、ランニングに比べると、マンサンダルが随分足裏を保護してくれています。

ですが、マンサンダルのソールはビブラムソールの薄いものを使用しているため、シューズのクッションに慣れている人にとっては最初は足裏が痛く感じたり、全身に衝撃を感じると思います。

ですから、マンサンダルではシューズを履きたときと同じようなカラダの使い方では歩いたり走ったりすることはできません。

ワークショップでは、マンサンダルを作るだけでなく、マンサンダルで歩いたり走ったりするためにわかっておきたいことなどを生みの親であるmanさんから学ぶ時間があります。

トレイルランナーとして、いろんな状況下で裸足やマンサンダルで野山をかけたり、レースに出場したりされているmanさんでなければ伝えられないものがあるのだと思います。

実体験から導き出して完成したのがマンサンダルであり、W-マンサンダルだからです。

そういう意味ではマンサンダルのワークショップは誰から学ぶか?はとても重要になります。

MANSANDALSなWS講習会は誰から学ぶ?in関西

でも、関西にはあまりmanさんが来てくれるような機会は多くありません。

今回のワークショップでmanさんからおすすめされていたのは、奈良の「ホーリィ(ホリグチシンヤ)さん」です。

関西の方はホーリィさんからマンサンダルの情報を得られると、manさんから発信されるものに忠実なワークショップを受けられると思いますのでおススメです。

ホーリィさんは私が今回参加したワークショップにも参加されていて、理解を深めるために何度も受けられていることがわかります。

ホーリィさんは京都嵐山のmusubiさんなどでもワークショップをされています。

ホーリィさんについてはこちらから。

MANSANDALSのWS講習会はシューズ履いてても参加していいの?

W-マンサンダルはトレイル用のマンサンダルです。

今回の主催の裸足の野人の上田剛さんは「100%裸足です」とおっしゃるガチ裸足の方なので、当然トレイルも裸足。

ですからW-マンサンダルは製作しません。

なのに、主催をされています。

それは「ランニングで怪我をする人が多いから、裸足やマンサンダルによって怪我しない走りを学んで欲しい」という想いを持っておられたからです。

そして、今回の奈良でのマンサンダルWSには、

*マンサンダルのランナー
*裸足のランナー
*シューズのランナー
*ランナーではないマンサンダルユーザー(←私です)
*ランナーではない初心者

という、幅広い受講者が揃いました。

マンサンダルのWSって、「シューズで走ってるのに行っちゃいけないんじゃない?」と思う人も多いと思いますし、「ランナーじゃないけど参加していいのかな?」と思う人(←私です)もいると思います。

ですが、どちら様もオッケーです。

マンサンダルWSに参加したいと思うかたなら、遠慮なく参加して大丈夫です。

ちなみにW-マンサンダルはトレイル用なのですが、私はトレイルどころかランニングもしていません。

ですが、とにかく「マンサンメソッド」が学びたかったので、マンサンダルでもW-マンサンダルでもどちらでも参加する気でした。

参加されている方は、ほとんどがランナーで、私からするとケタが違う距離(ウルトラとか100マイルとかハセツネとかなんかよくわかりません…汗)を走る人がほとんどだった事は間違いないです。

ですが、裸足やマンサンダルの人たちは履物やランナーかどうか?という垣根はないようでした。

ですから、ランナーではない私も温かく迎え入れてもらえ、親切に接してくださり、楽しく過ごすことができた他では類を見ない気持ちの良いWSでした。

MANSANDALSはワラーチにあらず?
W-マンサンWS@奈良に参加してみた

今回は午後からの講座でしたが、20名の大人数でのW-マンサンダルの製作ということもあり、製作時間もかかるため、午前中に来られる人は午前中から製作するというようになりました。

私も朝に行って製作しました。

それを除いた通常の流れは、

①manさんの自己紹介

②W-マンサンダルの成り立ちや構造などを学ぶ

③W-マンサンダルを製作する

④参加者自己紹介

⑤公園でのレクチャー(マンサンメソッド)

⑥山での実践とレクチャー

という感じでした。

①manさんの自己紹介と②W-マンサンダルの成り立ちや構造などを学ぶについては、manさんがブログで詳しく書いてくださっているのでこちらをご覧ください。
W-MANSANDALS(トレイル用マンサンダル)その1

W-マンサンダルを製作する

③W-マンサンダルを製作するのですが、構造としてはマンサンダルと同じようにゆるふわりんの構造になります。

ソールは二枚重ね構造になります。

接地面にビブラムソール8365チェリー(6mm)を使用し、足裏に接する面はビブラムソール8338のレーザーエンボス加工されたものを使用します。

パラコードはATWOODのパラコードを二本どりで結びます。

そのほか通常のマンサンダルとは違う注意したいポイントがいくつかあります。

・くるぶしの穴の位置に余裕を持たせる

・かかと側のソールをギリギリにしない

・鼻緒の穴はつま先をはみ出させて位置を決定する

などです。

それらを気をつけて製作すると、このような感じに仕上がりました。

普段のマンサンダルより、見た目が大きめな感じになりますね。

このレーザーエンボス加工はなかなか引き受けてくれるレーザー加工の業者が少なく、今受けてくれている業者さんがいつまでやってくれるかはわかららないそうです。

その加工費用がそれなりにかかるため、レーザーエンボス加工のW-マンサンダルはシューズを一足買えるくらいのお値段になります。

今回は、

W-マンサンダル製作+講習会(14,500円)

W-マンサンダルレプリカ製作+講習会(7,500円)

製作なしで講習会のみ参加(3,500円)

を選ぶことができました。

ちなみにW-マンサンダルレプリカはレーザーエンボス8338が、通常の8338のブラウンになり(通常の接地面が足裏と接する、接地面のソールは8338のブラックでした。

MANSANDALSはワラーチにあらず?Wマンサンダルとは?

W-マンサンダルはmanさんがトレイル用に考え出されたマンサンダルです。

通常のマンサンダルでは、急な登り下りや、ぬかるみなどで足裏面がスリップしてスピードを出すことが難しく、スピードを競うレースでは不向きです。

W-マンサンダルでは足裏面に施されたレーザーエンボス加工で、足裏がグリップするため、急な登り下りやぬかるみでも安定してスピードを出せる。

ということだそうです。

たしかに、マンサンダルで雨の日に坂道を登ったり下ったりすると、かなりバランスをとるようにしないとスリップしてしまうな、と思っていました。

ただし、W-マンサンダルはトレイル用なので、通常、街中やロードで取り入れるものではないとの事です。

私のように街中を歩いているだけの人はW-マンサンダルはほぼ出番が無いということですね。

MANSANDALSはワラーチにあらず?マンサンメソッドとはなにか?

公園でのレクチャー(マンサンメソッド)

W-マンサンダルの製作のあとは⑤公園でのレクチャー(マンサンメソッド)でした。

マンサンダルは裸足がベースで、裸足ランナーがレースでスピードを出せるために考え出された裸足に最も近い物です。

(そんなマンサンダルの恩恵を歩行者の私も受けられているわけですが。)

だから、マンサンダルは裸足ありきです。

でも、裸足って足の裏痛いじゃないですか。

シューズに慣れている人がいきなりマンサンダルで走ったら(歩いたら)凄い衝撃だったりします。

怪我しちゃいますよ。

裸足で立ったり、歩いたり、走ったりするのに体験しておくといいことがあります。

それをマンサンメソッドとして学ぶことができます。

なにやるか?

砂利の上で裸足で立って25キロの水を頭に乗せます。

拷問?
と思ったら、不思議と痛くないんです。

どうやら、姿勢が重要なようです。

実は私は、友人がマンサンダルWSに参加した動画をみて、家でこの水を頭に乗せるのを1人でやってみたことがあります。

その時は20キロの水でした。
まず、重すぎて頭の上に乗せられないです。

でも、姿勢が整っていると頭の上に乗せてもそんなに辛い重さではないですし、その重みを載せたまま砂利の上を歩くことかできるのです。

砂利の上に裸足でまっすぐに立って、頭だけ空を見上げてみたのと、頭を下げて地面を見たのとでは、足裏の感覚が変わるということも体験しました。

山での実践とレクチャー

マンサンメソッドを学んでからは⑥山での実践とレクチャーでした。

畝傍山(うねびやま)を歩いたり走ったりしながら登って、下ります。

manさんによると裸足になったり、W-マンサンダルになったりを繰り返すほど良いということでした。

私は進むのが遅かったですが、主催の上田さんが最後尾になってくださったので安心でした。

W-マンサンダルはとても安定感があり、山道でも不安なく、特に下りは安心感がありました。

W-マンサンダルの接地面側のソールにビブラム8365チェリーを使うのは、足裏と同じように、少しは滑るくらいに設定しているのだそうです。

トレイルではグリップすればいいというものではなく、適度に滑ることもあった方がいいのですね。

私はトレッキングシューズが痛くなる不安があって、ハイキングでも自信がなかったのですが、W-マンサンダルがあれば不安が軽減できそうだと思いました。

その時のmanさんと、主催の上田さんが走りを見せてくださった動画がありますので、ご覧ください。

《manさん 裸足 下り》

《manさんW-MAN SANDALS 下り》

《manさん裸足 登り》

《manさん裸足 登り スローモーション》

《manさんW- MAN SANDALS 登り》

《裸足の野人上田さんの裸足 下り》

《裸足の野人上田さんの裸足 登り》

《裸足の野人上田さんの裸足 登り スローモーション》

MANSANDALSはワラーチにあらず?懇親会にも参加してみた

ワークショップのあと、近くのお風呂屋さんで汗を流してから、橿原神宮前駅のそばで懇親会でした。

私はmanさんが来られるのであれば懇親会も迷わずのフル参加!です。

話を聞けば聞くほどに皆さんすごいランナーの方だらけで、恐れ多いと思いつつも、沢山お話を聞かせてもらえました。


manさんの足の裏を触らせてもらったりもしました。

モチモチとしてすごく弾力があるんですね。


上田さん、私を参加させてくださりありがとうございます。

上田さんはすごく丁寧に気配りをしてくださるし、無理をしないように声かけもしてくださるので、とても安心感がありました。

また、上田さんや、奈良の素敵な仲間の皆さんたちがマンサンダルのWSを開催してくれそうです。

今回は奈良での開催とあって、奈良のかたが多く、とても魅力的な土地だと感じました。

私が住む兵庫県から奈良までは2時間くらいかかります。さらに遠方の名古屋や鳥取などから参加されているかたも多かったです。

manさんは関東でのワークショップやフォローアップ講習会は多くはないけど開催されています。

ですが、今回の奈良のように遠征してくださることは機会が少ないので、情報を見つけたら見逃さないで参加することをおすすめします。

おわりに

今回は2019年9月1日に奈良の橿原神宮で開催されたmanさんのW-マンサンダルワークショップに参加してみたレポートをまとめました。

マンサンダルというとどうしても「ランナーが取り入れるもの」と思ったり、「レースはシューズだから行っていいのかどうか?」と感じたりすると思います。

主催の上田さんはマンサンダルではなく、常に裸足で走っておられるかたですが、こうおっしゃいました。

「裸足で走れると、シューズ履いたらもっと早く走れるようになります」
と。

裸足や裸足に最も近いマンサンダルに興味を持たれたかたは、是非一度manさんに会ってみてほしいと思います。

または、manさんの伝えたいことを忠実に学べる人からのWSに参加してみてほしいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。