カラダ

眠れない時に寝る方法は?薬やサプリに頼るまえに試したい2つのこと

こんにちは。ギボンヌです。

皆さま、よく眠れていますか?

最近、周りから「眠れない」「なかなか寝付けない」「ぐっすり眠れず何度も起きる」ということを聞くことが多いです。

そして、高齢の方の話を聞いていると、かなりの割合で、睡眠薬安定剤を処方されて服用しているといいます。

ストレスを感じたり色々な不安について考えてしまってだんだん眠れなくなるのだそうです。

睡眠薬を飲んでいる人は、
「何時に起きるなら、何時に飲まなくては起きられない」
「起きてもフワフワしてしまうからタイミングが難しい」とも聞きました。

お薬を服用するのも難しいようですね。

一方、サプリメントのCMは毎日のようにうるさいほどに流れていますよね。

それだけぐっすり眠れない人が多いということだろうと思います。

でも、睡眠薬や安定剤、サプリメントに頼らずに眠れる方法はないか?と模索しているかたも多いのではないかと思います。

今回は睡眠薬やサプリメントに頼らなくても「よく眠れるようになった」と私の周りでも話題の方法をお伝えしていきたいと思います。

眠れない時に寝る方法は?薬やサプリに頼るまえに試したいこと①

眠れない時に寝るための方法としてまず最初に試していただきたいのは、「ヒモトレ」です。

ヒモトレのなかでも「胸ヒモ」をお試しいただきたいのです。

私はご高齢の方に月に一度「ヒモトレ体験会」というものを開催しています。

このなかで「胸ヒモで眠れるようになった!」という人が多いのです。

「なかなか寝付けなかったのが、すぐに眠れるようになった。」

「トイレに3回ほど起きていたけど、1回に減った」

など、リアルな喜びの声を聞いています。

これは100均ショップに売っているような、手芸用の丸ヒモで誰でも簡単にできますから、お金も大してかかりません。

お薬やサプリメントに頼るまえに、ぜひお試しいただきたいと思います。

眠れない時に寝る方法「ヒモトレ・胸ヒモ」

ヒモトレとは

バランストレーナーの小関勲氏が考案したヒモ一本で身体のバランスを整える健康法です。

小関氏はオリンピック選手やプロスポーツ選手にバランストレーニングやカラダの使い方を指導されています。

最近では、一般の私たちや、書道の世界、音楽の世界、リハビリの現場でも役に立つヒモトレも発信されています。

リンク元:小関アスリートバランス研究所Kab Labo.

ヒモトレに使用するヒモ

手芸洋品店や100均に売られているような手芸用の丸ヒモを使用します。

太さは4~8ミリを推奨しています。

(胸ヒモや胴体に巻くだと6〜8ミリくらいが適当かと思われます。)

服の上から巻いても同じように効果があります。

※ダウンジャケットや着物の帯やコルセットの上に巻いても反応があることが確認されています。

ヒモトレに関してさらに詳しくはこちらをご覧ください。

ヒモトレの二種類の方法

ヒモトレの方法は二種類あります。

①身体に優しく(ゆるく)添わせる

②ヒモに任せて動く(おく)

ですが、今回の胸ヒモは「②身体に優しく添わせる」のほうになります。

眠れない時に寝る方法「ヒモトレ/胸ヒモ」のやり方

胸というとどの辺りと思いますか?
おそらく「ここ」と感じたあたりで間違いないでしょう。

その胸のあたりの胴体にヒモを巻きつけて結びます。

両脇の下をヒモが通る感じですね。


参照:ひもを巻くだけで体が変わる!痛みが消える! 腰、ひざ、首、肩の激痛が消失!医師が太鼓判! (マキノ出版ムック)より

この時注意したいことは、
ゆるゆるに巻く
ということです。

拳一個が入るくらいにゆるゆるに巻いてください。

ハイ。巻きかたはこれだけです。


↑こちらの動画の2つ目です。

では一度外して、深く深呼吸をしてください。

その深呼吸をした時にどのくらい吸い込んでいるか?胸や背中や脇を感じてください。

もう一度、先程の巻き方でヒモを巻いてください。

そして、同じように深く深呼吸をしてみましょう。

先程と変化を感じたでしょうか?

息が深く吸える感じ、背中の方まで膨らむと感じた方が多いのではないでしょうか?

もしも、巻いたら苦しく感じた方がいらっしゃれば、ゆるゆる具合をもう一度チェックしてみてくださいね。

眠りはカラダを回復させる時間です。

ぐっすり眠るには深い呼吸が大切で、それは同時にカラダの回復にも大切なのです。

この時に注意していただきたいのは、巻き具合です。

立った状態で巻いてゆるく感じていても、横になるときつく感じたり、苦しく感じることがあります。

そんなときは横になってからヒモを緩めてゆるゆるに調整してください。

寝ている間にズレてしまっても問題ありません。

これを1週間くらい続けてみて、1度巻かずに寝てみましょう。

眠りにくいようなら再び巻いてみましょう。

よく眠れるようになると、カラダが回復して、元気に活動できるようになります。

昼間に元気に活動したあとは、疲れて眠れたりすることがありますよね。

ヒモトレの胸ヒモにはそんな可能性も秘めています。

1度お試しください。

眠れない時に寝る方法は?薬やサプリに頼るまえに試したいこと②

眠れないときに寝る方法としてためしていただきたいもう一つのことは、「就寝時にゴムの無い衣類にすること」をためしていただきたいのです。

ヒモトレの胸ヒモは呼吸がしやすくなるのですが、衣類のゴムの締め付けがあるともったいないのです。

私は現在は衣類にゴムがないものを着るようにして生活しています。

ゴムの入った衣類や、カラダに張り付くような伸縮性のある衣類を着ていたときは、外出先で胸が苦しくなりか呼吸になるようなことがありました。

それに、腰痛や膝痛、肩こりや頭痛、便秘と軟便を繰り返すなどもあり、体調自体がすぐれませんでした。

けれども、衣類のゴム紐をなくすことで腰痛や膝痛、肩こりや、胸が苦しくなることもなくなり、快便になったのです。

ゴム紐をなくしたことにはゴム紐症候群について知ったことがきっかけでした。

ゴム紐症候群についてはこちらをご覧にください。

ゴム紐症候群について調べておられた故見元医師の文献をご家族に相談しながら自費出版として再版し国会図書館へ寄贈された浜島先生のブログです。

これはブログからの一部抜粋ですがお読みください。

開業医との一問一答より

問「同一人でゴム紐のあるときとないときの経過を追って見たか?自然治癒を対象としたデータが必要なのではないか?」

答「私のところへ入院している間はゴム紐を外しているので良くなって退院する。しばらくしてゴム紐を用いると、また悪くなってくるということはしばしばあります。」

(以下浜島先生談)

昭和59年の資料なのですが、年代的なものなのか、当該部分以外でもデータとかエビデンスとかを求める発言が増えているように感じます。
時代…ですかね。

私の担当している患者さんも脳梗塞で入院して数週間は非常に快便であったが退院に向けて便秘が再発し、
退院後はすっかり便秘症に戻ってしまったという方がいます。

そう、T字帯と病衣から退院に向けて自宅から持ってきた下着類やパジャマ、スウェットの上下を着るようになり、
便秘が再発したのでした。

引用:ゴム紐症候群について「同じ人でゴム紐の有り無しを追ったことがあるか?」より

ゴム紐がない衣類にすることで、カラダの邪魔をするものを減らすことができます。

原因がわからない症状にたいして、薬を頼るよりまえに、ゴム紐をやめてみることで、なくなる症状があるかもしれないのです。

それはもしかすると、「ぐっすり眠れない」ということもあるかもしれません。

必要のない治療や、必要の無い薬に頼るまえに、出来ることがあります。

ぜひ一度お試しください。

眠れない時に寝る方法「脱ゴム紐(ゴム紐症候群)」

ゴム紐と距離を置くことで普段の眠りを妨げるものを減らせるかもしれません。

寝るときだけでもいいので、ゴム紐が入った衣類をやめてみましょう。

ゴム紐が入った衣類とは?

パジャマのゴム紐

ゆるくて楽チンと思えるゴム紐ですが、カラダはそう感じていないようです。

私はゴム紐を紐に入れ替えたりしました。
その後長いワンピースや、寝巻き浴衣、全裸で寝るようになりました。

パンツのゴム紐

下着のパンツのゴム紐は、最近は幅広くゴムが織り込まれたものも多いです。
ボクサーパンツのように太いゴム紐のものもあります。

パンツのゴムは思いのほかカラダが休む際にストレスになっています。

私はゴム紐のない、ふんどしパンツで寝るようになり、現在は全裸なのでノーパンです。

靴下のゴム

冬は寝るときに靴下を履く人も多いと思います。
私も冷えとり健康法をしていたので、もれなく靴下を履いて寝ていました。

ですが、ゴム紐をなくすと靴下などなくても温かく眠れるようになりました。

1度靴下は履かずに寝てみてください。

靴下を履く方が足先が冷えることを体感できると思います。

腹巻のゴム

腹巻きのゴムは全体的に入っていますよね。
ゆるく全体的に入ったゴムはとても楽に感じますが、カラダはそう感じていないようです。

ゴム紐をなくすと、冬でも温かく眠れるようになりました。
腹巻きをしなくても温かいことを確認してみて欲しいと思います。

ゴム紐をなくしてみる期間

眠るときに衣類からゴム紐をなくしてみる期間は2週間くらいお試しください。

そして、カラダの変化を感じてみてください。

ヒモトレの胸ヒモを巻くこともお忘れなく。

おわりに

今回は睡眠薬やサプリメントに頼らなくても「よく眠れるようになった」と私の周りでも話題の方法をまとめました。

ヒモとゴム紐。

まさか、そんなこと?と思われたかもしれません。

カラダは私達が自覚している意識などより、敏感に繊細に色んなことを感じています。

もしも、体調がすぐれないようなら、カラダからの信号かもしれません。

ぜひカラダの感じているストレスを少し取り除き、動きやすいカラダに整えてみて欲しいと思います。

お薬やサプリメントに頼るのはそれから考えてもいいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。