小麦粉酵母の起こし方やってみた!黒くなった?失敗から成功まで②

こんにちは。ギボンヌです。

小麦粉と水と少しの塩でパンが焼けるということが謎でした。

それを紹介してくれている本をみつけました。

それが、「へたっぴでもうまくいく〜小麦粉だけでつくる天然酵母パン」[はつたもの店主]マスジマトモコさんの本でした。

はつたもの
はつたもの通信

小麦粉と水と少しの塩でパンが焼けるというのはどう言うことかというと、小麦粉と水のお団子から酵母を起こすのです。

早速、やってみて、失敗しました。

その失敗は小麦粉酵母の起こし方やってみた!黒くなった?失敗から成功まで①に書いています。

それでも、なんとかパンを焼き上げるところまでいきました。

そこからパンを焼くことが続いています。

はつたもののパンやお菓子は砂糖がはいっていないことが嬉しいところ。

実は私は砂糖をやめたのです。

砂糖が入っていないお菓子の本は「白砂糖」が入っていないというだけのヴィーガン向けだったり、ハチミツやメープルシロップや羅漢果など代用の甘味料をつかうものが多いです。

わたしは代用の甘味料もいらないほうです。

この本で甘味として使うのは少量の甘酒だけなので、貴重で嬉しいです。

今回はほかのパンやお菓子も焼いてみたことについてまとめてみました。

小麦粉酵母の起こし方やってみた!黒くなった?失敗から成功まで②

小麦粉酵母をエサやりして育てる

私は「小麦粉酵母の起こし方やってみた!黒くなった?失敗から成功まで①
」で書いたように、家に酵母や乳酸などが住んでいなかったようで、見事に失敗しました。

小麦粉団子が黒くなってしまったんです。

その後、はつたものさんから小麦粉酵母を分けていただいて、パンを焼いて。

1回目、発酵不足で失敗。

残った酵母にエサやりをして、増やして、2回目のパンでなんとか成功しました。

その後はエサやりは割とのんびりやっています。

週に1、2回やるくらいです。

分けていただいた酵母さんはなかなかパワフルです。

今は3つのジップ袋に分けています。

最初は大きいジップロックの袋で作りました。

でも、だいたい100グラムちょっとが入る大きさがわかってきたので(だいたい75gの酵母があればパンが焼けるのです)、セリアで買った小さいジップ袋にいれるようになりました。

新しく増やした酵母さんは新しい袋に変えてるのですが、はつたものさんから送っていただいた酵母のジップ袋はなんだか大元な気がして捨てられず。

そのまま、ずっと育てています。

なんか大切なきがしちゃって。

小麦粉酵母が育ったらパンを焼こう

小麦粉酵母はだいたい75g使うことが多いので、100g越えたくらいで
「そろそろパンを焼こうか」
となってきます。

最近の私は小麦粉酵母の言いなりです。
有無を言わさずパンを焼く感じ。

そんなわけで、今回はパンとお菓子を焼いてみたいと思います。

小麦粉酵母の起こし方やってみた【フォカッチャ】

今回は初めての地粉でソフトフランスを焼くつもりでした。

でも、途中で気が変わって、フォカッチャになりました。

分量が同じパンだとそういう融通が利くのがいいですね。

一次発酵した生地も小麦粉が違うと弾力が違うみたい。

割と寒かったので、野菜室に入れずに、室温で一晩でした。

得意のコタツで二次発酵。

調子こいてちょっぴりアレンジをしてみたよ。

思いのほか上手いこといきました。
パンって、過発酵とか難しいイメージですが。

案外、上手いこといきますね。

ちなみに私は、パンを捏ねる台とか、スケッパー(カード)とかは持ってなかったので、セリア(100均)で買いました。

捏ねる台はセリアの製菓用のシートでやっています。

省スペースでセコセコと。

そんな感じでも、こんな美味しいパンが焼けてしまいました。

小麦粉酵母の起こし方やってみた【ベーグル】

同じ分量に少し変化するだけで、違うパンが焼けるというのはありがたいことです。

この本はそこが好き。

もう一つはベーグルを焼くことにしました。

いきなりアレンジです。

ココアで甘い匂いがしますが、甘くないのがいいです。

こちらも室温て一晩です。

100均の小さいシートでセコセコと形にしています。

なかなか上手いでしょ。

茹でる工程をよく読んだら、小さなクッキングシートにのせていることに気づいて、慌ててのせました。

そして、シートごと茹でます。

すごいね、初心者が本見るだけでベーグルとかつくってるよ。

教室とか苦手な人にはありがたいね。

そして焼けたベーグル。

ほんとにベーグルになったね!

茹でるからベーグルになるということを知りました。

ベーグルはココア風味生地にくるみをいれたのも美味しかった。

今度は味噌生地にくるみをやりたいな。

いいお味噌で。

醤油生地とかもできないかな。

楽しいなぁ。

小麦粉酵母の起こし方やってみた【味噌スティック】

初めて小麦粉酵母でお菓子を焼いてみることにしました。

味噌スティックに挑戦です。

こちらは使う小麦粉酵母の量はパンより少なめです。

味噌スティック用生地と、甘酒クッキー用の生地を一気に作って一次発酵で。

こちらもパン生地と同じで寒かったので室温で一晩寝かせました。

見た目には変わりはないです。
膨らんだりはしていません。

寝かせたものを伸ばして生地にし、成型していきます。

綺麗に層になってるのがわかりました。

狭いスペースでセコセコとやってるので長い麺棒が使いにくかったです。

切り方も大雑把な性格がでています。

捻り方も、性格がでちゃいますね。

お菓子の方は二次発酵なしに焼くのでスピーディ。

パンの二次発酵の間にパッと焼いちゃえますね。

味噌スティックが焼けました。

味噌スティックは、歯ごたえがあって、小麦の甘みと塩のしょっぱさとがたまらなくてとまりません。

焼きたてより、翌日くらいの方が味が馴染んで美味しかったです。

いろんな味噌でやりたいな。

八丁味噌とか。

小麦粉酵母の起こし方やってみた【甘酒クッキー】

甘酒クッキーも生地にして成型します。

いろんな型。
これもセリア(100均)ですね。

文字とか顔とかも押してます。

焼けたら膨らんで、文字も顔もきえちゃいました。

甘さは、ほんとに、ほんのりです。

それがいい。

「こんなお菓子を求めていたんだ!」

という感じです。

甘くないお菓子を求めている人は好きなんじゃないかなー。

うっすら残ってる「THANKS」。

我ながら上出来です。

わたしにも出来てしまいました。

ハマりそうです。

小麦粉酵母の起こし方やってみた!黒くなった?失敗から成功まで

パンを焼くことはなんの経験もない私が小麦粉酵母を起こすところからやってみて。

この本には「へたっぴでもうまくいく」って書いてるけど、本当かな?

と思っていたのは、本当だったということがわかりました。

たしかに失敗はしました。

ショックでした。

でも、小麦粉酵母を分けていただけたおかげでどうにか、酵母がウチで育てられるようになりました。

そうなってしまうと、

「へたっぴでもうまくいく」

でした。

されど、大事なことはあると思いました。

素材選びです。

はつたものさんは素材を丁寧に選んでおられるのがわかるのです。

バターや砂糖は使わないところは好きなところ。

だから、私もそのあたりを考えるようにしていました。

小麦の味や香りが楽しめるパンだから、小麦粉は選びたい。

今回は無農薬、無肥料の地粉(中力粉)が届いたので、それをつかってフォカッチャやベーグルをやきました。

今回、甘酒は酒屋さんから買いましたけど。
次は自分で作る予定です。

発酵にも目覚めてきました。

糠漬けや梅干しはつけていましたが、麹は未経験でした。

最近は塩麹なども取り入れてお料理を初めていたりします。

うちに酵母さんや、麹さんが住んでもらえるように。

おわりに

今回は「へたっぴでもうまくいく〜小麦粉だけでつくる天然酵母パン」[はつたもの店主]マスジマトモコさんの本から、小麦粉酵母を起こして、育てて、パンを焼いたことをまとめた「小麦粉酵母の起こし方やってみた!黒くなった?失敗から成功まで①
」の続きでした。

エサやりもゆるく。
パンを焼くのものんびりと。

へたっぴどころか超初心者の私がパンを焼くことを楽しむようになりました。

この小麦粉酵母のパンはお腹もちするけど、重くないのが好きです。

お菓子も重くない。

こんな優しくて、なぜか懐かしい滋味な味わいは、なかなか市販のパンやお菓子では出会えません。

軽くて、
味わいがあって、
また食べたくなります。

また小麦粉酵母のパンやお菓子をやいて楽しみたいと思います。

ドイツのプレッツェルが焼けないかなー?と考え中です。

焼けたらまた記事をかきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ABOUT ME
ギボンヌ
こんにちは。兵庫県在住のギボンヌです。 「人生は実験だ!」と思って生きています。 表も裏も上から下から、いろんな角度から覗いてみたいのです。